沖縄で見た米軍統治時代の単車とナンバープレート

沖縄統治下のナンバープレートを付けたバイク
昭和53年沖縄に交通方式の変更の取材に行った時、偶然見つけたこの単車。ナンバープレートがグリーン地に白文字である。おまけに現在ではゴロが悪いと欠番の4219です。バイク便の営業用グリーンナンバーができたのは記憶に新しく当時はなかったはず。ナンバープレートの研究には自信のあった私ですがこれだけは自分では解決ができず、ナンバープレート専門サイトの先生に鑑定してもらいました。
鑑定結果は下記の通り。

上段の数字は市町村の表示で
1=那覇市
2=宜野湾市
3=コザ市(現沖縄市)
4=石川市
5=名護町(現名護市)
を現している。
下段の4桁は一連指定番号で先頭の英字については不明。
戻る
copyright I.Yasunaka 1978 e-mail