神戸の地車

和田宮の地車


第1ページ

第2ページ

第3ページ



地車庫に行くと、私が昼間の学校で教えたことのあるA崎君が
声をかけてくれ、写真撮影をしたいというと、地車で遊んで
いた子供たちにも協力をしていただきました。
彼もお父さんと祭りに参加する家庭で、「地車を100倍楽しむ本」
にも名前が載っているとか・・私の周囲にはこういう話が多いなあと
改めて感じた次第でした。そうしているうち車庫の中で撮影しても良いよと
いうことになり・・はじめて和田宮の地車庫に足を踏み入れることに・・


次ページへ



平成13年5月更新

作者ホームページ

post

西川敏弘 jf3mxu@hi-ho.ne.jp