六甲八幡神社 今昔
明治38年(1905)〜大正9年(1920)
平成14年に同一場所から撮影した大鳥居
【平成14年同一位置から撮影】

昔写真の鳥居は昭和17年に
新しい鳥居に建替わりました
昔写真の旧鳥居は西入口に
移築されました。しかしその
移築鳥居と昭和17年に建立
された新鳥居も阪神大震災
で倒壊してしまいました。昔
写真に映っている旧鳥居の
一部分は長田区大黒公園に
メモリアルとして現存します。

昔の写真鳥居左側の石柱
「摂津國八幡宮」は鳥居右側
に移され今も現存します。 
明治38年〜大正9年の間に撮影された八幡神社の大鳥居
【明治38年(1905)〜大正9年(1920)の間に撮影】

明治38年(1905)〜大正9年(1920)の間に撮影された石清水の碑
現在も同一場所に現存する「石清水」の碑
同一場所に現存する「石清水」
人物については資料がありません

明治38年(1905)〜大正9年(1920)の間に撮影された拝殿
現在の拝殿
昔の拝殿は昭和の初期に現在の建物にかわり
ました。

石段は昭和29年頃に約30メートル手前に移動し
ました。拝殿前に広場ができ、そこで毎年1月19
日に伝統行事の"湯立の神事"が行われます。


明治38年(1905)〜大正9年(1920)の間に撮影された幣殿(手前)と本殿(奥)
現在の幣殿(手前)と本殿(奥)
写真(手前)が幣殿、(奥)が本殿です。
現在は幣殿の近くに拝殿があるため
同一場所からの写真撮影はできませ
ん。(現在の写真は拝殿内部から撮影)

阪神淡路大震災で幣殿は全壊しまし
が、罹災前の部材を使用して復元され
ています。

メインページへ